思い出す想い

June 16, 2014

うちの教員も先のブログであげてくれましたが、先日行われたMBC(ミツイビューティーコングレス)では当校の卒業生も元気いっぱい参加していまして

 

1期生、そして3期生の面々がデザインウィッグカット(ウィッグ=頭だけのお人形さん)の部門に出場していました。

 

当校の在校生が出場したワインディング(パーマを巻く技術)の次にあった部門なのですが、大勢のギャラリーに見守られる中、臆することなく競技に専念している姿は本当に頼もしいものでした。

 

カット技術は個人的にも好きな技術で、彫刻の様に素材をどう残すか、脳内でイメージし、それをカタチにしていく(しかもやり直しのきかないスリリングな)作業がほんの十数分という短い時間で行なわれます。

 

慣れない内はそれはそれは緊張する作業

 

しかしサロンの現場でばっちり活躍しているお陰でしょうか、卒業してまだ数年しかたっていない二十歳そこそこの彼らの手つきは本当に堂に入ったもので、聞けばもうすぐスタイリストデビューも目前だとか

 

学生時分は教員達の手を焼かせていた彼らも自分の目標にむけ確実にステップアップしている、これこそ指導者冥利に尽きるということではないでしょうか。

 

私自体、指導者としてはまだまだうちの教員達の足元にも及びませんが、この先同様の喜びを共有できる事を将来のご褒美に、日々の学校運営の下支えしていくことを心に誓う、そんな一日でした。

Please reload

Recent Posts

August 28, 2019

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic