宝物

September 18, 2014

9月は2年生の白井君・東さんのお誕生日月。
2人は幼馴染で、去年二人を同時にお祝いしました。
今年も二人まとめてのサプライズ企画が当然となり、
事前に練られていました。

 

 

 

入念に計画を立てて、いざ明日と迫った日、

なんと祝われる主役の一人が諸事情で元気を失くしていました。

 

 

 

「明日は元気になっていて欲しい…」

 

 

 

誰もが願いました。

しかし、当日も前日よりは良いものの決して良くはない様子。

それでもこのお祝いは絶対にやるべきだし、

延期や変更・中止はありえず、実行されました。

 

 

 

ぎりぎりまでひやひやでしたが、

サプライズは見事成功!!

今回は1年生も巻き込んで大人数でお祝いできました。

毎回渡されるメッセージは本当に素晴らしく、

愛情たっぷりなのが一目みてわかります。

サロン勤務に学校と、忙しい日々を送る中、

仲間の為にこんな立派なものを作るなんて…しかも毎回一人じゃ出来ないことです。

そんなメッセージを読んで、

皆の愛情を感じて、自然と涙がこぼれた二人をみて、

またクラスメイトが涙。

 

 

私が感じていた以上に、

生徒たちは日々、支えあっているんだなと感動しました。

 

 

 

10代から20代へと大人になっていく若者達。

心中様々な事があり、悩み、もがき、苦しい事もあります。

そんな時、支えになる人がいるという事は、本当にしあわせなことです。

そしてまた笑顔を取り戻す強さは、

自分を、周りをとても強くします。

経験とはお金に変えられない。

宝物ですね☆

 

Please reload

Recent Posts

August 28, 2019

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic